×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

礼金 敷金 退去時

余分な料金をサクッとチェック

礼金,敷金,退去時

前回ご紹介した無料冊子は読んでいただけました?
           ↓
    読んでいない方はこちら

こちらのサイトで敷金変換の無料冊子が配布されています。

敷金というと、引越しをするとき(部屋を出るとき)に必要になるかな、と考えているとしたら、それは甘いです。入居する部屋を見学しに行っているときから、気をつけていかないといけません。

さて、このマニュアル、賃貸借契約に関わる10〜30万円を返還してもらう術が書いてあります。

そもそもどうして、そんな大金を返還してもらえるかというと、不動産業者の説明不足が大きな理由なんですね。成績を上げるために、話をすっとばして契約に持ち込んでしまおうとする。これでトラブルが発生するわけです。


何も知らない借主は、泣き寝入りすることになる……というのが、今までのパターンでした。

筆者は、元不動産業者です。礼金をもらってはいけない物件の存在まで、バッチリ書いてありました(普通、そんなの知りませんて)。

何より役に立ったのが、「大まかシミュレーションシート」でした。

返金の可能性のある料金を一覧にして、計算していくわけです。不動産業者の提示している金額は、必ずしも借主にとってベストな金額ではありません。ボッタクリ不動産もあるわけです。


これは入居前にチェックできることです。誰しも、よさそうな物件を見つけては、候補にしていくでしょう。このとき、それぞれの契約書を見せてもらって、シートに当てはめていけばいいわけですから。

ボッタクリ不動産会社に騙されることもなくなるというわけです。10万単位で金額が変わってくるので、欲しかった家具を買い足すこともできますね。


もしよろしかったら、あなたもご検討してみてください。

転勤の多い方、引越しされる方にとって、強い味方になってくれますよ。
 ↓ ↓ ↓
詳細はこちら


続きはこちら


サイトマップ