×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

礼金 敷金 退去時

礼金トラブルが起こる理由

礼金,敷金,退去時

そもそも不動産業で礼金トラブルは何故、起こるのでしょうか?
居住者側に問題がある場合、不動産業者に問題のある場合、大家に問題のある場合など、さまざまです。

礼金敷金のトラブルを回避するには、まず事前に、物件を自分の目で確認することです。そして、その状態の様子を写真に撮っておきましょう。自分が退去する場合に、入居時の様子を映した証拠があれば、「前から汚れたていた」等でトラブルになることもありません。

付け加えると、不動産業者にも○月○日、と日付の入ったハンコを押してもらいましょう。入居前に確認したことを証明する書類を作っておくのです。近くに大家が住んでいるのなら、立会いのもとで確認します。そして大家のハンコも押してもらいましょう。

次に契約内容と隣人の確認です。実際に日当たり良好かどうかといったことは、物件を確認しに行けば、分かることです。見晴らしのよしあしは、数年後に建物が建ち始めると、当然、悪くなってくるのでいかんともしがたいところです。

市や県の建設計画・区画整備の内容なら、問い合わせて確認することができますが、民間同士の契約は知ることができません。事前に調べておけば、こんなはずではなかったと後悔することもなくなります。

大家や不動産業者が本当に契約するかどうか分からない何人ものために、必要以上に動いてくれるわけがないので、入居者たる自分が行動しなければなりません。

敷金返還マニュアル


続きはこちら